HSPと人間関係

HSPは相手の気持ちを考えすぎるため人間関係が苦手

HSPは人間関係が苦手な人が多い

HSP(繊細な人・敏感な人)の特徴として「人間関係が苦手です!」という人が多いです。

人間関係が苦手=HSPではありません。
HSPでも人間関係が得意な人はもちろんいます。

HSPが人間関係が苦手な理由

どうして、HSPは人間関係が苦手なのでしょうか。

  • 感受性が高いため、相手の気持ちが分かりすぎてしまう
  • 相手の気持ちが分かると、相手と同調が起こり、相手のエネルギーを受けてしまう(ネガティブだとだだ下がり)
  • 相手の気持ちが分かると「なんとかしてあげたい」という同情心が生まれやすい
  • 自分の気持ちよりも相手の気持ちのほうを優先しがち
  • 相手をおもんぱかると、相手の要求がエスカレートするモンスター化する人が出てくる
  • このようなモンスター化した人に振り回される
  • 相手をおもんぱかると、相手が弱くなり、依存されるようになりがち
  • このような依存する人に振り回される
  • 相手の怒り・不機嫌なエネルギーに敏感で、恐れを感じやすい
  • 恐れを感じやすいので緊張しやすい
  • 緊張し、頭が真っ白になる状態がどうしても嫌で、そういう状況を避け、自分を責める
  • HSPは相手の気持ちは分かっても、気持ちが生じた原因までは分からない。でも、それも「無意識で」読み取ろうとする。このとき自分責めのクセがある人はなんでも「私のせいだ」と考えがち

他にもいろいろあると思いますが、HSP資質から来る上記のようなことが、人間関係を苦手にします。

一言で言えば「めんどくさい!」

「人間関係がめんどくさい」
「一人が楽」
「なるべく人と関わりたくない」
「なぜ私は嫌な人ばかりと会うの?」
「人に恵まれない」

そんなふうに思ってしまいます。

一言で言えば「めんどくさい!」です。

人間関係を避けると弊害が生まれる

しかし、人間関係を避けると、今度はその弊害が生まれます。

  • 人間関係から来る仕事のチャンスを失う
  • 人とのつながりを失う
  • 人との関わりの中で生まれる楽しさ・喜びを失う
  • 孤独感を感じがち
  • 頼れる人がいなくて不安を感じがち
  • 人間関係が最小限になり、その人に対する依存度が高まる

そのため、

HSPは人間関係が苦手 icon-arrow-circle-right だから対策として人付き合いを最小限にする

というのは、真っ当な対策ではなく、かなりまずい対策と言えます。
対策した結果の弊害が大きく、今度は別の問題に悩まされるからです。

HSPでも人間関係がうまくいく対策をする

では、どうすればいいかというと、
「HSPでも人間関係がうまくいく」
というような対策をしていけばよいのです。

対策は、別の記事で書いたように、自分の資質をより具体化することが必須です。

変化可能なところは対処します。
変化不可能なところは対策します。

対策法はケースバイケースになります。

ただ、多くの人に共通する対策法としては、次のようなものがあるでしょう。

  • 相手の気持ちは理解できるが、相手の気持ちの原因までは分からないため、そこは推測しない
  • 相手の気持ちは相手の問題であることを理解し、境界線を引く
  • 意識を相手に持っていかず、自分に意識を引き戻す練習をする
  • 相手のネガティブなエネルギーと同調することを外す練習
  • 相手を弱くさせる(モンスター化させる)助け方と、相手を自立させる(大人にさせる)助け方を理解し、前者の助け方を止める※

※つまり、助けないというわけではなく、助けるなら有効な助け方をするということです

対処できるところは対処して、対処できない資質の部分は対策すれば、自分らしく、素のままで人間関係を構築できます。

HSPだから人間関係が苦しいというのは間違い

無理をするから人間関係がしんどくなります。
不自然な付き合いしかできないから人間関係が苦しくなります。

HSPだから人間関係が苦しいというのは間違いです。

むしろ、HSPだからより親密な人間関係が築けます
より深い心の交わりができる人間関係が築けます。

それだけ繊細に相手のことが理解できるのですから。

ぜひ、自然体の自分で、心地よい人間関係を築いてください!
対処&対策すればできますから!