HSPついて

HSPとは?

「HSP」とは生まれつき感受性が強く、とても敏感な気質をもった人の事です。

正式には「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」といい、
頭文字をとって「HSP(エイチ・エス・ピー」と呼ばれます。

エレインアーロン博士の調べによると、人口の20%、5人に1人がHSPと言われています。

人口の80%はHSPではないため、HSPの持つ強い感受性が理解されることが難しく、HSPの人は生きづらさを感じてしまいます。

 HSPの主な特徴 

①共感能力が高い 空気を読む
人の気持ちや感情を読み取る能力に長けています。
逆に言うと、人の気持ちを読みすぎて気を使ってしまうため
人間関係で疲弊していたり、仕事で過剰に疲れてしまうことがあります。

②境界線が薄い 他人に合わせる
HSPは他人との境界線が薄いことが多く、他人の影響を受けやすいです。
そのため、他人のネガティブな感情やエネルギーを受けやすくなります。
HSPが持つ高い共感力から、他人の気持ちに寄り添い、自分の調子を合わせようとします。

③刺激を受けやすい
音や光、強い臭いなど、人よりも刺激を受けやすく圧倒されやすい傾向があります。
そのために人混みや会社などでも疲れやすく生きづらさを感じます。


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/wakodesign/www/hsp/wp-content/themes/jin/include/breadcrumb.php on line 199